VORTEXブログ
▼ 商品検索

ショッピングカートを見る
▼ カスタム他
▼ オススメ商品



↑サイトや当店で取り扱いのできるメーカーの一部をこちらに掲載しています。ショップ内に掲載されていなくてもメーカーHPをご覧になり、気になる商品がございましたらお問い合わせ下さい。
このコーナーではSOPMOD M4の中身を紹介していきたいと思います。

【SOPMOD M4スペシャルチューン】って?

SOPMOD M4は東京マルイが次世代電動ガンとして開発されたガンだけに、今までの電動ガンに比べて様々な改良点がみられます。優秀な次世代電動ガンの性能をさらに高め、安定化し、信頼性を高めるのがSOPMOD M4 SpecialTuneです。 そんなチューンの中身も少しだけ紹介します。

【SOPMOD M4】の中身公開

【バレル部分】
まずはバレル部分です。
真ん中に見えるのがチャンバーです。
従来のM4シリーズのチャンバーとはかなり形状の異なっています。
どちらかというとステアーやP90と似ています。


そのまま引き抜けます。


インナーバレルとチャンバーです。
まだ特別目立った事はありません。


バレルを固定するためのC型のカラーは改良されています。
ライラクス製のメタルチャンバーの用に回転防止のための出っ張りが付いており、このおかげでがっちりとチャンバーにバレルが固定できるようになっています。
命中精度にかかわる箇所なので、地味ですがこの改良は非常に嬉しい所です。


改良されたC型カラーのおかげで外れにくくなっているのですが、若干分解もしにくくなりました。


ここでまず気づいた点は、M14の用にチャンバーパッキンが短い所です。
チャンバーパッキンはこの長さで十分という事でしょうか。
また検証してみようと思います。



【SOPMOD M4スペシャルチューン】の場合、このバレル先端の部分をテーパー加工します。
この加工は集弾性UPにつながります。


このようにテーパー加工を施します。


【メカボックス部分】
続いてはメカボックス部分です。 画像はチューン後になりますので洗浄、グリスアップ後になります。
Ver2メカボックスとはかなり異なる形状をしています。


ギアの種類も変わっています。 発射サイクルからすると、ギア比は従来とさほど違いは無いようですが、形状が異なります。
ギア配列も変わっており、セクターギアが従来では一番前側でしたが、SOPMODの場合は一番後部の位置になっています。
タペットプレートが当たる突起も従来のセクターチップを装着した際のように間隔が広くなり、ノズルの後退時間が増え、結果給弾が良くなります。


取り出したピストン一式です。こちらも改良がなされているようです。


ピストンヘッドです。吸気穴等はないので前方吸気になります。


ピストンクラッシュ対策はされていない為、対策をオススメします。これが歯を一つ落とした状態です。


純正スプリングです。全長とテンションこそ違うものの、形状に目立った違いはありません。
【SOPMOD M4スペシャルチューン】の場合、このメインスプリングを専用1J内チューンスプリングに変更します。


配線を組む際の注意ですが、メカボックスのグリップ側に配線を通す部分があるのですが、ここがかなりタイトにできていますので、配線の破損防止にここを少し広げます。


完成したメカボックスです。


後ろ出し配線です。
小加工と強化ビスに交換のおかげでがっちりと閉めることができます。


【リコイルスプリング装着】
こちらが純正のリコイルスプリングです。


このスプリングを交換することにより、ノーマルとは違うリコイルが味わえます。
画像はソフトタイプを装着しています。

今回使用したVortex SOPMOD-M4用1J内チューン専用SP&リコイルSPsetは発売中ですので是非ご覧ください!!